吉野川のラフティングの特徴をご紹介

  • 関西でチャレンジできる本格ラフティング

    • 全国各地で年々人気を高めているラフティングは、ゴム製のボートで渓流に漕ぎ出し、仲間と息を合わせパドルを操りながら川を下っていくアウトドアレジャーです。

      緩やかな流れでは渓谷の自然美を眺めながら進み、急流では豪快な水しぶきのなかスピーディーでスリリングな体験ができます。


      関西でも急速に注目度が高まり、都市部からもアクセスが良いエリアなどでも、気軽にチャレンジできるツアーが行われています。

      ラフティングはとても評判が良いです。

      関西エリアでラフティングを体験できるのは、保津川下りでも有名な京都の急流を楽しめる保津川、琵琶湖から流れ出る大河である瀬田川、紀伊山地の深山を源流とする奈良の吉野川、四国の清流で、日本を代表する激流を誇る徳島や高知の吉野川など、いずれ劣らぬ有名な河川となっています。



      それぞれに特色があり、日本有数の激流体験ができるツアーもあれば、小学生から楽しめるツアーもあり、目的やメンバー構成に応じて選ぶことができます。

      気軽なチャレンジを実現しやすいエリアの一つ保津峡は、京都市内から電車で約30分というアクセスの良さを誇ります。


      都市部から便利な場所でありながら、穏やかな流れと激流とが交互にあらわれる変化に富んだ渓流となっています。

      瀬田川の岸辺には多くの野鳥が生息していますので、ラフティングを楽しみながらバードウオッチングも堪能できます。



      奈良吉野川も、激流と穏やかな流れとが交互にあらわれるダイナミックなコースで、四国の吉野川では、奇岩景勝のなか激流を下る、文字通りの非日常体験ができます。
      いずれのラフティングスポットにも、関西の大都市圏からアクセスしやすく、多くの会社がそれぞれ特色あるバラエティに富んだプランでツアーを設定しています。

      怒涛のラフティング体験のあと、温泉で疲れを癒したり、バーベキューやキャンプが楽しめるものもありますので、自分や家族、仲間にとって最適のツアーを探すことができます。