海外での挙式の上手なエリア選び

海外ウエディングの場合、どこの国で挙式をするのかを最初に検討する必要があり、当然ながらそこが日本国内での挙式と大きく異なる点になります。

ハワイやグァム、モルディブに代表されるようなビーチリゾートからイタリアやフランスのような歴史のかおるエリア、バリ島やタイなどの緑が豊かで神秘的な雰囲気の漂うアジアンリゾートなど世界中のすべてが挙式場所となりえます。
そのため、希望する挙式スタイルや会場の有無、距離や費用などの諸条件以外にも国や地域の文化や特徴、そして地理的に異なる雨季や乾季といった季節も考慮して挙式エリアを絞り込む必要があるのです。

国ごとに雨量が少なめで快適な気温である乾季など気候の安定した過ごしやすいベストシーズンというものがあり、年間の中でもウエディングに最適な時期となります。

特に海外ウエディングの場合は、多くのカップルが式以外にフォトツアーと呼ばれる海外らしい絶景をバックにした写真撮影を実施していることから、天候の状態は把握したうえで選ぶことが必要です。

しかし、オフシーズンであっても、観光地が混雑せずに移動がスムーズであったり、航空券や宿泊費などの旅費が比較的お得などのメリットなどもありますが、いずれにしてもエリア決定に関しては季節は大事な検討材料の一つになります。
また、人気の渡航先はやはり、ビーチリゾート系やヨーロッパ方面であり、特にハワイは不動のトップです。
海や山という南の島らしい自然美を堪能できると同時にショッピングや食べ歩きなどの町観光を楽しめ、日本語が通じやすいという、新婚夫婦はもちろんのこと、子供から大人までゲストで招きやすい環境であるというのも人気の理由となっています。





NAVERまとめに興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。